証券会社で働いて居ます

証券会社で働くOL達の日常を描いた物語です(・∀・)♡

BARで

鉄のフライパンでもこびり付かない方法?!

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…バーテンダー……」 「どうしました?」 「わたし…今夜…… チャーハン食べたいんだけど…… 無理…だよね?………」 「今からつくりますね」 「イヤッホ~ウ♡ あ…… でもバーテンダー…… 鉄のフライパンしか持って無いよねぇ……… 激烈にこびり付いちゃう…

この世界にもしもフォークが無かったら・・・

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…バーテンダー……」 「はい?」 「もし… もしもだよ?…… この世界に…… この世界に…フォークが無かったとしたら……… パスタは…… パスタは 食べられないのかなぁ………」 「ああ… 棕櫚さん… ご心配無く…… 元々パスタが生まれたのは 三本フォークが…

テーブルマナー?!

~ BARで 鯖戸&酒森 ~ 「ガーニッシュってさ…… あんまりゴテゴテと殺り過ぎると なんか疲れちゃうってゆーか…… そーゆーのって あるじゃん? こーゆーさ 比較的シンプルだけど 程良いってゆーか…… こーゆー見ため…… 私…好きだ……… ああ…… 良い香り………… 酸味と…

アーモンドの花

~ BARで 鯖戸&酒森 ~ 「お… 桜かぁ…… 風流じゃん…… この紫と 水色のはローズマリーだね……」 「ローズマリーは正解です」 「え? ローズマリー…『は』?」 「ピンク色は アーモンドの花びらなんです」 「え?! マジ??!!」 「これ… このBARの裏手で昼に撮影した写…

パーマじゃないよ・・・

~ BARで 鯖戸&酒森 ~ 「鯖戸先輩… すみませんやっと仕事終わりました」 「酒森お疲れ~ そんなことより 随分久し振りな気がするね…」 「最近 産業医の先生と東雲坂田鮫さんがかなり幅きかせてるもんで その関係で私の出番ってゆーか…… たぶん私の存在自体忘れら…

束縛しなきゃならない理由

~ BARで 鯖戸 ~ あとは水菜と菜の花と…… 人参も使おう…… 「すいません 待たせてしまって それにしても珍しいですね 昼間からご来店だなんて」 「今日は有休なんだよ」 「ちょっと時間かけてつくっても良いですか?」 「全然いいよ…… 今日はのんびり呑みたいんだ………

全ての苦しみから・・・

~ 自宅で 東雲坂田鮫 ~ 不眠症の症状が辛くて 産業医の津葦キリコ先生に相談したんです…… そしたら おくすりを処方してくれました 布団に入る前 先生に教えてもらったとおりに 服用しました……… TO BE COMUGIKO あなたを全ての苦しみから救ってあげる♡ おま…

よく在る怪異とトマトソース?!

~ BARで ~ 今が三月だということを 疑いたくなるような寒さで いつもより 少し早い時間に目が覚めた…… 時計を見ると 未だ床についてから 40分しか経って居ない… もう少し寝て居たかったが どのみちあと30分もすれば起きる時間…… 私は出かける準備を始める…

あなたの軀を暖めてあげたくて

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…バーテンダー」 「はい?」 「いつもさあ… そーやって素手で氷割ってるけど…… 冷たくないの?……」 「いや… さすがにまだ寒い時期ですし 冷たいですよ…… でも美味しいカクテルに 質の良い氷は欠かせませんから…… どうぞ」 「ああ… 美味しい……」…

フライパンひとつでエコ調理?!

~ BARで 鯖戸~ 「ねえバーテンダー… このカクテル…… 美味し過ぎるよ…… どうやってつくってるの?……」 「つくりかたは簡単ですよ… GINと数種の柑橘ピールを ハードシェイクしただけなので」 「いやぁ…… 兎に角感動的に美味しい…… このキレたビターがたまんないよ…

イタリアでは常識?!

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえバーテンダー……」 「はい?」 「今夜はどんな美味しいやつ食べさせてくれるの?」 「先ずは こちら 今回の生地は いつもの発芽玄米酵母では無く リーフレタスから起こした酵母を用いました」 「ん~ この生地も美味しい パリ感は発芽玄米酵母…

今夜もしてくれる?

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえバーテンダー… 今夜も…アレ……してくれる?………」 「今夜もですか? 棕櫚さん…ホント好きですよね………」 「悪い?……」 「いえ… それに…… 私もそのつもりで……… 明るいうちに収穫して 棕櫚さんがお見えになりましたら お待たせせずに すぐサーヴ…

ガーニッシュから連想したのは?!

~ BARで ~ 「ねえバーテンダー……」 「あ…… とりあえずお軀お拭きしましょうか………」 「え? あ…… ごめん仕事終わってからシャワー浴びて来るの忘れてた……」 「構いませんよ 今日は藤子さんお休みだったのでしょう? お一人でさぞ大変だったかと存じます」 「ちょっと…

TKGの本当の意味をあなたは知らない

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえバーテンダー…………」 「はい?」 「もし…… もしも知って居たらで良いんだけれど………… 教えて欲しいことが在るんだ…………」 「………… どういったことでしょうか?」 「あのさ…… T………………」 「T……?」 「T………… あの…… あのね………… T……TKG………… …TKGって…… 知…

BARで寛ぎ過ぎな女の子

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえバーテンダー 例えば滅茶苦茶早くつくれるサラダとカクテルお願いって言ったら どんなの出て来る? てゆーかそんなやつお願いしたいんだけど……」 「どうぞ」 「速っっ でもこんだけ速いなら 全然アリだけどね フレディースペンサーより速…

告白

~ BARで ~ 「棕櫚さん ナッツ好きですよね」 「うん… 好きだよ?……」 「一番は?」 「ん?…… そうだなぁ………… 胡桃とアーモンド………… どっちか……かな?……」 「それじゃあ今 今この瞬間では?」 「今…か……… 今なら………… うん…アーモンド……」 「どうぞ」 「ありがと…… ねえ…… …

酔ってからが長い女の子

「ねえ…… バーテンダー…………」 「はい?」 「いっつも思うんだけどさぁ…… バーテンダーのつくるナポリタン………… 滅茶苦茶旨いよ…………」 「それは良かったです あの…… もし良かったら お軀拭きましょうか? 少しケチャップが跳ねて居られますので……」 「え? 跳ねてる?………

なにげに滅茶苦茶食べる女の子

~ BARで ~ 「ねえバーテンダー…… このお芋さんってちゃんと美味しい? 今の時期のお芋さんって低温障害で ゴリゴリだったりすることとかあるじゃん?……」 「食べてみたら解りますよ」 「それじゃあ…… ……ん………… 旨~い」 「でしょ? 籾殻の中で保管してるから 低温…

姉の愛情と殺意は両方私のものだった

~ 夢と追憶 酒森 ~ 昨日解体室の応援を終えてから 急に宿直が決り 一晩会社に泊まることになった………… 昼の休憩時 鋳鷹が今殺って居る 闇バイトの話を聞いて…… その時…… 大鎌を見せてもらったからだろう………… 姉の…… 私の双子の姉 蛇苺の………… 夢を見た………… …

気持ち悪いけど最高のバーテンダー

~ 心の中で 鯖戸 ~ 私は今日出張だった…… 出張先から直帰の予定だったが 途中会社に寄った…… 今夜も酒森の住処に転がり込んで 一緒にこんこん煮を殺りながら呑みたかったからだ……… 今日酒森は出張だった私の代わりに 解体室で働いて居る…… 解体室に行くと…

美味しくて愉しい時間と空間の現在地

~ 心の中で 鯖戸 ~ 何故か全然飽きない………… 似たような具材を 唯ひたすら…… その隙間をこじ開けて 追って行く………… 見た目は正直…… アンニュイ&メランコリック………… それなのに美味しさは日に日に深まる………… この日もサラダは私がつくった…… つくったと言っ…

お正月の正しい過ごし方?!

「ねえ…… しようよ……」 「え?…… 正月早々ですか?…………」 「何言ってんのさ… 正月だから良いんじゃん…… 早くしようよ…」 「優しくしてくれます?……」 「当たり前じゃん……」 「……それじゃあ……… …………良いですよ…………」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ お正月…

見た目より食べる女性?!

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…… バーテンダー………… この柑橘って… なんてーの?…………」 「KITAMURA ORANGE といいます」 「滅茶苦茶旨いじゃん…… 酸味がしっかりしてるのに甘味も乗って バランスが良いからスルスル食べ続けちゃう…………」 「食べるのは勿論ですが カクテル…

女性の悲鳴しか聞こえなくなった理由

~ バーテンダー ~ 出張先から帰店すると 未だ太陽は高い位置に在り その光は私にとって 死を連想させるものだった…… 我々のような 夜の仕事に従事して居る者で在れば ご理解いただけることとは思うが 日中の太陽光は 一万本の槍にも匹敵するもので在り 翌…

あなたも血まみれ

嘘偽りの無い事実だよ 始めは何も知らなかった あなたの笑顔が見たいから 私はあの子を手にかけた あなたのせいとは言わないよ 全ては私が決めたこと 私は随分大人になった 今まで自分がしてきたことの 罪を償う時間も無いし もとよりそんな量じゃ無い 罪な…

若い女の死体

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…… バーテンダー…………」 「はい?」 「あ…… ねえ…バーテンダー………… これって…… あ…… 超旨いじゃん………… ニートのGINもう一杯ちょうだい…」 「ああ… それは良かったです 今日のサラダも 全て自家栽培のもので構成しました」 「良いじゃん…… お… …

美味し過ぎる糠漬けの秘密?!

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ…… バーテンダー…………」 「はい?」 「この糠漬けってさあ…… あんた自分で漬けてんの?……」 「ええ… もちろんですとも」 「旨過ぎなんだけど……」 「ありがとうございます」 「ねえ…… バーテンダー………… この純米古酒…… 銘柄何? すっごい旨い………… こ…

TKGのTって何?

~ BARで 鯖戸 ~ 「ねえ……バーテンダー…………」 「はい?」 「TKGって一般的には フォークで食べられて無いって知ってる?」 「いえ…… 存じ上げませんでした………」 「それと…… もうひとつ 一般的な話なんだけど……… TKGのTは TAMAGOのTで TOMATOのTじゃ無いのよ?」 「それ…

涙が止まらない本当の理由?!

~ BARで 鯖戸&酒森 ~ 「鯖戸先輩すみません…… 遅くなっちゃって…… え?… あ…あの…… どうかしたんですか?…………」 「解らない…… 何だか急に………… 悲しくなって来ちゃって………」 「え? あ…… あれ……… 鯖戸先輩…………… なんか…… なんか私も……………」 「どうぞ 採れたてのレ…

人間がもし皆たまごだったら

~ BARで 鯖戸 ~ 「本日は平飼いの極上品が手に入りましたので メインはこちらの………」 「ねえ……バーテンダー………」 「はい?」 「私さあ…… 最近凄く考えちゃうことが在って…………」 「………… はい…………」 「人間がもし…… 皆…… 卵だったらって………」 「ああ………… それは………… 確か…